• Loading...
“ようこそ!YEN BAI省の電子窓口へ”
 

Yen Bai 省のマップ

相談 FAQ

質問

    質問:

  • 山岳地方でありイエンバイ省は経済状況が様ざまな困難に直面しているので、観光業を継続的に開発できるように観光業と観光会社に優先主張と対策を教えてもらえないでしょうか?
  • ビデオライブラリ

    写真ライブラリ

    訪問数

    visitor counter
    国際統合の段階で地元の外交を支援する作業に関するブイ・タイン・ソン外務副大臣の記事:2020年の実施結果と2021年の方針
    パブリッシュ: 19/07/2021 2:22:01 SA

    2020年、Covid-19パンデミックの発生と複雑な進展により世界規模で前例のない影響を引き起こしました。社会経済が混乱され、世界の経済が危機に陥り、グローバル化のプロセスにおける阻害が発生、生産と貿易の停滞に追い込まれ、特に米国と中国の間を始め強国間の戦略的競争が増加されています。

    Description: C:\Users\Administrator\Desktop\cong-tac-ho-tro-doi-ngoai-dia-phuong-trong-qua-trinh-hoi-nhap-quoc-te-sau-rong-cua-dat-nuoc-ket-qua-trien-khai-nam-2020-va-dinh-huong-nam-2021_1.jpg

    ブイ・タイン・ソン外務副大臣と代表者が「日本に出逢う2020」会議の開会式に出席

    このような国際・地域の困難な状況の中、外務省が積極的に指導し、状況を把握して地域と調整し、国と地域の重要な外交課題を綿密に追跡し、新しい状況に適する外交計画・提案を迅速に作成し、政治・経済・文化・情報と宣伝・国境と領土・領事館と市民の保護・海外滞在ベトナム人対応活動と海外の非政府対応活動のすべての面で地方の外交活動の均一な実施を確実にしています。

    その中、注目されたのが各レベルの党大会に向けて地方と協力して準備を整え、Covid-19のパンデミックに迅速かつ効果的に対応しながら、生産と社会経済的発展を促進するために地域と同行して積極的な国際統合の勢いを維持、国際協力の質を向上させてきました。

    2020年の実施結果

    2020年は、ベトナム共産党第12回全国代表大会の決議と、外務省および全国地方政府の2015年から2020年までの党大会の決議を実施結果の決定的な年です。 今年の初めから、外務省は、党大会に提出された政治報告草案と文書、および全国と地方の2021-2030期間の企画、2050年までのビジョンに対して積極的に意見を共有してきました。

    外務省の指導者の現地訪問が強化され(48/63の省と市への99回の出張)、中央政府直下の省・市の指導者と国際状況や新しい状況の中での外交と国際統合について直接話し合いました。

    Covid-19の流行の複雑な状況に直面して、中央から地方までの対外計画が影響を受け、多くの活動が停止または延期されなければなりませんでした。 しかし、創造的な精神と高い決意をもって、外務省と地方政府は、柔軟で創造的な方法で外交を展開するために緊密に連携し、Covid-19エピデミックの予防と経済回復という二重の目標の実現に努力しています。

    Covid-19エピデミックの予防・管理活動について、外務省は中国、ラオス、カンボジアにおけるベトナム大使館および領事館が、ベトナムの団体・地域と緊密に連携するよう、特にCovid-19に関連する人道的および医学的問題を迅速に解決し、主権の維持、法規制の遵守、協力の雰囲気の確保に基づき、国境地域の国境の安定性、社会秩序、および健康の安全を確保しながら、隣国の機関・地域が必要な措置を講じるよう指示しました。

    外務省は、Covid-19のエピデミック予防に関する政府の指示に従い、ベトナム国民と国際来客の隔離措置を確実に実行するよう全国の多くの地域に指導し、緊密に調整してきました。その中にはラオス首相、日本首相、韓国外務大臣、米国国防長官の代表団もあります。

    「危険」を「機会」に変える精神で、医療機器の資源が不足ですが、Covid-19の流行が他の国に広がった状況の中、外務省は海外地方が人道支援活動を強力に実施できるよう支援しました。

    この行動は、ベトナム国民の愛情を示しながら、Covid-19の流行の予防・管理の成果を広報しています。これも国と国民のイメージの紹介や投資・貿易・観光の促進の機会になり、特に海外パートナーとの関係の維持・強化しています。

    Covid-19の流行が、近年地域で積極的に広がっている国際統合の勢いを妨げないように、外務省とベトナムの海外外交使節団は地方の連携形態を積極的に革新を行い、協力計画を維持・促進に向けています。

    リュックガンライチを日本市場へ輸出促進はその典型的な例です。 両国間の長年の交渉努力の後、ベトナムは2020年のライチシーズンからこの厳しい市場へこの特産品の輸出を開始する予定です。この1年間バクザンの何百世帯が厳格な基準に従ってライチを育ってきました。

    Covid-19の流行が発生したとき、リュックガンライチが太陽の国と「縁を逃す」ところでしたが、外務省と在日本ベトナム大使館は、両国のすべての法的および技術的能力を最大限に活用し、すべての困難を克服し、20206月中に日本の専門家をバクザン省に連れてくるように、決意を持って日本側を説得しました。規則に従って2週間の検疫を実施した後、予定通りに包装検査と消毒の最終段階を実施してからやっと200トンの新鮮なベトナムのライチが日本の消費者に届けられました。

    同時に、事前に計画されていたリュックンガンライチを宣伝する多くのセミナーは、早速にオンライン形式に移行しました。 この成功は、この特殊農産物の価値を40%増加させ、農家の収入を増やすだけでなく、世界のベトナム農産物の高品質ブランド向上させました。

    国際代表団交換計画が行き詰まっている状況の中で、外務省は、現在進行中の協力プログラムを促進するために、連携の維持・拡大、オンライン会談の促進、ベトナムにおける海外パートナーを積極的に開拓、特にベトナムを訪問する代表団と繋がる機会を作るという支援しました。外交省もベトナムの外交使節団、業界団体、組織、海外のパートナーの多くの代表者を動員して、地方が主催する投資促進会議に出席してもらいました。

    Description: C:\Users\Administrator\Desktop\cong-tac-ho-tro-doi-ngoai-dia-phuong-trong-qua-trinh-hoi-nhap-quoc-te-sau-rong-cua-dat-nuoc-ket-qua-trien-khai-nam-2020-va-dinh-huong-nam-2021.jpg

    外務省は、議長としてASEAN年度の一連の活動において、30件以上の国際会議とセミナーを開催したり、新世代の自由貿易協定の紹介したり、「大使との会合」、「大使との会談」等の一連活動を行ったりしました。

    外務省は、議長としてASEAN年度の一連の活動において、30件以上の国際会議とセミナーを開催したり、新世代の自由貿易協定の紹介したり、「大使との会合」、「大使との会談」等の一連活動を行ったりしました。多くの地方の指導者や海外の機関、組織、企業が参加し、繋がりを作るよう招待しました。 これらのイベントと並行して、地方政府は外務省と協力して、66を超える外国人記者代表団が、約400回に地方で作業出来るように支援し、多様な形で定期的に外交分野において地方を支援しています。

    対外文化に関しては、今年、外務省がダクノン省にプロファイルの作成を指導し、ダクノンジオパークがグローバルジオパークとして国連教育科学文化機関(ユネスコ)から認定されました。関連地域や中央機関と緊密に連携して、多くの文化遺産を承認するためにユネスコに提出する書類を作成して完成させ、多くのベトナムの有名人を称える決議を発行しました。(フーエン省やカオバン省の世界的なジオパーク、ニントゥアン省のヌイチュアやジャライ省のコンハヌンの生物圏保護区、イェントゥの遺物と風光明媚な景勝地、スェータイアート、チャム族の陶芸、ドンホーの伝統工芸品、エンディンチュー氏の200年誕生記念、女性詩人ホースアンフォン等)。 

    Covid-19のエピデミックにより外交・代表団交流が停止する中、外務省は、新しい戦略的期間における外交の要求を満たすための外交人材の研修や再研修を充実した実践的な内容と柔軟で多様な形態で積極的に推進してきました。2020年には、約11,220人の地方の指導者と職員を対象とした78の国内訓練・再訓練クラスが開催され、2019年と比較して32%増加していました。

    他の活動においても外務省が国境、領土、ベトナムの人民の保護の問題を解決するために、海外のベトナム代表機関や地方と調整してうまくいってきました。

    今年の地方活動の実施における外務省と海外の代表機関の実際的な活動は、国際統合において社会経済開発のための資源を活用している地方に効率的に支援しています。

    2021年のいくつかの方針

    2021年は、ベトナム共産党の第13回全国代表者大会が開催される年であり、2021年から2030年までの社会経済開発戦略の実施の最初の年であり、国連安全保障理事会非常任理事国の任期の2年目です。地域開発における地方外交の貢献への期待が高まっており、外務省と海外のベトナムのすべての機関は、国際統合に関する党の外交政策を徹底的に実施し、外交を積極的に支援するという精神に基づいて、以下の具体的な作業を通じて、地方が党大会の決議と地域の社会経済開発計画を実施出来るよう、地域外交を包括的に実施出来るよう、地域と同行し続けています。

    第一に、社会経済開発のための国際統合を促進し、投資協力の機会を導入し、対外経済の促進を地方に支援し、市場の拡大につながり、パートナーを評価し、貿易紛争の処理を支援すると同時に、世界のFTA新システムを含む、ベトナムが確立または参加した重要な多国間および戦略的二国間協力の深化にするようにします。

    第二に、新しい10年間の文化外交戦略の現地での実施を支援し、対外コミュニケーションと宣伝を促進; 領事館の仕事、不法移民の防止と戦闘、市民・漁師・漁船・海外のベトナム人の保護をうまく調整します。

    第三に、国家管理の効率性、および幹部、公務員の派遣団の質を向上させます。 首相が承認した2021年から2025年の期間における外交幹部の訓練と育成に関する提案に従って、地域で外交を行う幹部と公務員の訓練に注意を払い、支援します。

    今後、地方の外交がより包括的な発展段階に進むことに期待し、地方を始め国の社会経済的発展に重要な貢献になると信じています。

    引用元:baoquocte.vn