• Loading...
“ようこそ!YEN BAI省の電子窓口へ”
 

Yen Bai 省のマップ

相談 FAQ

質問

    質問:

  • 山岳地方でありイエンバイ省は経済状況が様ざまな困難に直面しているので、観光業を継続的に開発できるように観光業と観光会社に優先主張と対策を教えてもらえないでしょうか?
  • ビデオライブラリ

    写真ライブラリ

    訪問数

    visitor counter
    Yen Bai県の紅茶産業における潜在的および投資機会
    パブリッシュ: 02/01/2018 7:32:06 SA

     Yen Bai県の紅茶産業における潜在的および投資機会           

    ベトナムの北部と中部の中心に位置し、ハノイから170km、ハイフォン港から270km、ラオカイの国境から156kmです。北東には、Tuyen Quang県とHa Giang 県の2つの県に隣接して、南東には、Phu Tho県に隣接して、南西には、Son La県に隣接して、北西には、Lai Chau県とLao Cai 県の2つの県に隣接しています。YenBai 県は、社会経済開発のための多くの好条件を持っています。全県の人口には約76,000人が住んでおり、30民族が一緒に住んでおり、年齢層の労働は52,000人以上です。

    総面積は約69万ヘクタールです。そのうち、農地面積は549,1045haであり、自然土地面積の79.59%を占めています。農地総面積のうち、農業生産のための土地は77,618.58ヘクタール、林業の土地は469,968.24ヘクタール、水産養殖のための土地は1,420.04ヘクタール、残りは他の農地である。熱帯モンスーンの気候、雨の日数とその年の大量の降雨量と一緒に、Yen Baiの土地は、農作業、特に年間作物、多年生作物、果樹や植林の開発に適しています。

    Van Chan茶畑

    Yen Bai県が持つ潜在的と強さの中で、最も顕著なものは、茶栽培と加工を含む可能性があります。紅茶事業面積が10,903ヘクタールで、茶園の総面積が11,200ヘクタールを超えると、2013年の新鮮な茶葉の生産量は91,000トンを超え、平均収量は8トン/ haを超え、すべての種類の乾燥茶20,000トンを加工し、代替植え付けは604ヘクタールである。2014年には、良好な収量と良質で技術的な進歩による古い茶500ヘクタールを栽培し、85,000トン以上の新鮮な茶葉を生産することを目指しています。

    Van Chan区は、茶の材料の中で最大の面積であり、県の最高生産性です2013年には茶の面積は4,354haに達し、新鮮な茶葉の生産量は44,000トン以上に達し、平均収量は約9.95トン/ haに達した。

    Van Chan区にも多くの茶加工施設があり、加工能力は県内で最も高いです。現在、57軒の茶生産および加工施設があり、その内、株式会社05、株式会社13、民間企業27、協同組合14および外国合弁企業がある。地区は、常に茶が主要な工業作物であると判断します。 毎年、茶園の世話と改善が行われています。 2013年に310ヘクタールが改造され、2014年には610ヘクタールが改造されました。

    今までに、8軒の茶加工工場は、CTC紅茶加工3本のライン(Van Hung茶株式会社、Tan Phu茶株式会社、 Huu Hao茶の有限会社)及び緑茶加工5本の工ライン(Nam Bung 緑茶株式会社、Lien Son 緑茶株式会社、Tran Phu 茶株式会社、 Van Hung茶株式会社、Huu Hao茶の有限会社)を含む機器の革新を実施します。イングランド、日本、韓国の10台の現代選別機を投資しました。

    H'Mong民族の人々はShan 茶を収穫する

    2020年までの県における紅茶加工産業の発展方向

    新種の高収量茶品種による低収量での古い茶品種の改良と置き換えに重点を置いて、13,000ヘクタールの茶の面積を安定させることは、毎年500-700ヘクタールから改修を行い、2015年までに、以前の低収量茶種の面積の80%が置き換えられます。緑茶の生産面積は5,022ヘクタール、紅茶は7,978ヘクタールです。 茶葉8~10トン/ ha、良質の新鮮な茶葉の生産量は105,000トン以上に達し、完成茶は23,000トンを生産して、そのうち70%は紅茶、30%は緑茶です。

    新植栽の面積を増やさず、集中栽培の投資に集中し続け、高品質と生産性の新品種を使用して2010-2015年の期間の残りの古い低生産性の茶の領域を改善します。

    -紅茶事業の予測面積は13,000ヘクタールです。

    -平均収量:10トンお茶の芽/ha

    -新鮮な茶葉の生産量は13万トン以上に達します。

    - 2020年までに、10軒の新しい茶処理工場に投資し、1日当たり150トンの新鮮な芽を生産します。そのうち、CTCOTD技術による輸出用紅茶製品の1日当たり30トンの新鮮な芽の能力を持つ4軒の工場があります。4軒の工場では、輸出と国内消費のための専門の緑茶製品のために1日当たり5トンの新芽を生産しています。2軒の工場は、浸漬茶、インスタントお茶、フルーツティーとして洗練されたお茶製品を生産する合弁会社です。

    -投資エリアは、大規模な茶地域を持つ地区に集中しており、集中的な栽培条件があり、Van Chan Tran YenYen BinhVan Yen Luc Yenなどの茶地域の栽培と拡大します。茶製油所にとって、Yen Bai市、Nghia Lo町の工業団地とゾーン及び都市中心部と高速道路付近の工業団地への投資を優先する必要があります。