• Loading...
“ようこそ!YEN BAI省の電子窓口へ”
 

Yen Bai 省のマップ

相談 FAQ

質問

    質問:

  • 山岳地方でありイエンバイ省は経済状況が様ざまな困難に直面しているので、観光業を継続的に開発できるように観光業と観光会社に優先主張と対策を教えてもらえないでしょうか?
  • ビデオライブラリ

    写真ライブラリ

    訪問数

    visitor counter

     1.土地資源:

    イエンバイ省の天然土地総面積が約6.886,28km2である。そのうち、農業群の自然な土地面積が5.850,9km2で84.96パーセントを占め、非農業群の土地面積が537,11km2で7.80パーセントを占め、未使用の土地面積が498,28km2で7.24パーセントを占めている。森林被覆率は62%以上になり、全国と比べて2位に位置する。

    イエンバイ省には、以下の典型的な土壌を中心に稲作、野菜栽培、短期産業作物や多年生作物、保護植物栽培と経済林栽培に適した様ざまな土地を所有する。沖積土は当省の自然地域の1.33%、灰色土が82.57%、玄武岩質土が1.76%、アリ腐植土が8.1%を占める。

    Rung dai thu Thuong Bang La

    イエンバイ省は、木材加工業と林業製品の開発に強みを持っている。そのうち、は自然森林面積231,563.7ヘクタールと森林栽培面積174,667.1ヘクタールを所有しているので、年次開拓産量はアカシア、シナノキ、ユーカリなどが200.000m3、竹、籐などが120.000トンに達成できる。

    全省の茶栽培総面積は11450ヘクタールで、新鮮な芽茶の生産量が約90812トンに達した。ヴァンチャン(Van Chan)県、チャンイエン(Tran Yen)県,イエンビン(YenBinh)を主な茶産地としてそれぞれの生産量が4.170ヘクタール、1.954ヘクタールと1.925ヘクタールに達成できた。また、イエンバイ省のシナモン栽培状況については全国と比べて最大栽培面積及び最高品質を持ち、ヴァンイエン県(VanYen)(16.000ha)、チャンイエン(TranYen)県(6.600ha)とヴァンチャン(VanChan)県(5.000ha)に集中する。乾燥ケイヒの年間生産量は2000〜3000トンから収穫できる。キャッサバの栽培面積は約15,000haで、生産量が年間に当たり300.000トンに達成できる。その中で、ヴァンチャン県(6.400ha)とイエンビン県(3.300 ha)に集中する。

    牧草地2000ha以上を所有する傍ら、森林下の草地や森林庭園も水牛、牛、山羊などの家禽飼育に大きな利点をもたらす。

    2.水資源:

    イエンバイ省にはホン川、チャイ川とナムキム泉という3つの主要な河川系統が流れ、長さの合計が320キロで流域面積が3.400 km2である。また、支流システムもバランスを取って当省の全体に分布されている。河川の水源が急斜面のある高い山から始まる特徴で豊富な水力発電の潜在力に繋がり、生産や省民の日常生活のために水を充実に提供する。

    イエンバイ省を通って流れるホン川は長さが約100kmであり、48本の支流がある。そのうち、最も大きいな支流はゴイティア、ゴイフット、ゴイラウ、ゴイラオで流域の面積が2.700 km2まで達成できる。イエンバイ省を通って流れるチャイ川は長さが約95kmであり、32本の支流があり、流域の面積が2.200 km2である。急斜面を所有するため、ベトナム最初の水力発電所を川下に建設できた。ナムキム泉の流域総面積が600 km2でダー川系統に所属する支流であるため、斜面が高くて水力発電に潜在力を持つ。

    池・湖系統の総面積が20.913haであり、そのうちThac Ba滝が19.000haの面積に広がっているので観光業と水産物養殖に強い潜在力をを持つ。

    Song Hong chay song song cao toc

    3.鉱物資源:

    vnp_khai_thac_khoang_san_huy_hoai_moi_truong3

    イエンバイ省の鉱物資源はエネルギー群、建設材料群、工業群、金属のミネラルウォーター群に所属する257箇所の鉱床を持ち、豊富且つ多様生を示している。それに24億m3以上の白い石灰岩、2億トンの金属鉄鉱石、グラファイト鉱石や鉛・亜鉛鉱石や元石英金鉱石といった鉱床が豊富であり、コンクリートやタイトル及びその他の建設材料を製造するために建設材料群に所属する鉱産物も大きな潜在力を持ち、建設材料用鉱産物が4500万トン、カオリンと長石埋蔵が1500万トン以上である。


    4.観光資源:

    19.000haの面積に広がっているタックバー湖生態観光地には、トゥイティエン洞窟、スアンロン洞窟、バックサー洞窟、カオディエン島、『山岳上のハロン湾』と言われるチャンレ山脈のような雄大な山々と多くの興味深い洞窟に囲まれている1,300以上の島と小島を所有する。このため、大きいな規模で各種生態観光の開発に強い潜在力をイエンバイ省にもたらす。 山岳地方なので多様な自然景観と多くの有名な景勝地を持つ新鮮な生態環境は生態観光スポットや科学研究所の建設に大きな潜在力をイエンバイ省にもたらす。

    10649748_1440058702883145_7330778988458362366_n

    西部地域(ヴァンチャン県とギアロ町)には西部の2位に位置するムオンロ段段畑を持つ。何百年前からの古代シャントゥエット茶が栽培されているほぼ1400mの標高に位置するスオイザン頂上、温度が常に350C - 450Cのバンボン天然温泉、国家遺跡・景勝地として公認されてアメリカ合衆国の大きなメディアより世界で最も素晴らしい景観だと評価されたムカンチャイ段段畑、ヴァンイエン県に位置するナハウ自然保護区、チャンイエン県に位置するヴァンホイ湖、ムカンチャイ県のチェタオ村に位置する種と生息地保護地区といった独自の景勝地と観光スポットは生態観光地区や山岳地方風の建築を持つ宿泊施設の開発に最適だと認められる。       

    また、イエンバイ省にはドン久オン神社、ヌオックソン神社、ハックイ・ダイカ神社・寺、タックバー神社、フオンタオ洞窟、ゴックアム寺などの文化・精神性観光に必要な文化・歴史遺産もたくさん存在している。当省の少数民族の飲食文化とともに、スプレッドダンス、Khenダンス、愛の歌といった無形文化も国内外の旅行差を誘致する魅力的な要素の一つである。